キッチンで起きやすい水のトラブル

水のトラブルの中でも、蛇口 交換は、素人でも対応できるものです。ただし、状況によっては自分で修理するより専門業者の方が確実な場合もあります。難しいと感じたときには、無理をせずに依頼する選択をしましょう。

■パッキンにできるわずかなすき間

キッチンで起きやすい水のトラブルとして、蛇口の各所から水が漏れてくる状況があります。蛇口は水道管の末端であり、水を利用するために開け閉めする部分です。水量を調整する役割も持っており、使えば使うだけ摩耗します。
消耗品として、ゴムで作られているパッキンがあります。修理の基本がこのパッキンの交換であるのは、水に触れている間に劣化が進むからです。圧力に耐えられるようにも作られていますが、どんどんと弾力性がなくなり、わずかなすき間が生まれます。そこから水漏れが発生するため、交換すれば水のトラブルは収まります。しかし、本体の摩耗は改善されないため、何度もトラブルが続く可能性があるのが、キッチンの蛇口の問題です。

■本体の耐用年数

蛇口の水のトラブルとして、本体が耐用の限界を超えて摩耗している状況があります。蛇口というと、いつまでも使えるように見えますが、耐用年数としては10年を超えたあたりから限界を迎えると考えなければいけません。15年も経過すると、パッキンを交換しても水漏れが止まらない場合も出てきます。
蛇口を交換する場合には、適切なものに付け替えることになります。水道管の形状や取り付け位置の問題で、好きなものが取り付けられない場合もあることから、知識も必要です。もっと便利にしたいと思うときには、専門業者に依頼して交換してもらう方が確実です。

■まとめ
水のトラブルとして、蛇口は頻繁に起きる場所です。ホームセンターなどでも本体ごと手に入りますが、交換となれば簡単とは言えません。止水栓や元栓を締めて安全な状況を作り、取り付けしなければいけないため、どうしたらいいのか悩んだときには、専門業者に相談するなど、安全な方法を取るといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ