わずかな漏れが水のトラブルとなり加害者となるケース

水のトラブルを自分で直す人もいるでしょう。修理費も抑えられますし、迅速な対応が可能です。問題は漏れてきたときに、どこまで被害が広がるかを想定することです。自分が被害者になるだけではなく、加害者にもなる状況を考えれば、確実に修理できる選択も視野に入れなければいけません。

■水漏れが家をダメにする

水のトラブルから水漏れを起こすのは、よくあるケースです。キッチンのように、シンクの中に流れていくのであれば、被害は水道代のみで済みますが、外部に流れていくとそうはいきません。トイレでも同様で、便器の中であればそこまで大きくありませんが、外部に流れると床材や壁材にも被害を与えます。さらに床下にも流れ出ていき、家の構造部材も濡らす場合もあります。
木材が濡れると腐食が始まります。排水管のように大量の水漏れが起きなくても大きな水のトラブルになるのは、見えない環境でどんどん水が流れ出ていくことが原因です。湿度が上がれば、シロアリなどの発生を促します。衛生的な問題も出てきて、生活環境に大きな影響を与えるため、プロの修理業者に早期に修理依頼をしましょう。

■加害者になり大きな損害賠償も

水のトラブルは、自分の範囲で収まることばかりではありません。集合住宅で漏れだした水が、他の家庭に影響を与えるケースもあります。良くあるのは、下の階の部屋に水が流れ込んで、非常に大きな被害が発生し、水漏れの被害者から一瞬で加害者となってしまうものです。
下の階の住人からすれば、上から水が流れてくる状況は想定外です。ありえない状況のため、家電製品なども普通に置いて使用しています。水が流れてくるなら、電気は危険と避けることができますが、通常想定できる範囲ではありません。パソコンも普及し、どこの家庭でも見かけますが、水がかかれば内部のデータも失われる可能性があります。損害は物だけではなく、データにまで及ぶため、驚くほどの被害となるでしょう。

■まとめ
水のトラブルは、早期発見で修理をするのが大切です。わずかなものと見逃していると、加害者となってしまい、莫大な損害を支払うケースも出てきます。変化に気がついたときには、速やかに対処して大きな問題にならないように注意しましょう。場合によっては、プロの修理業者に修理を依頼することも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ