浴室の水のトラブルにつながる給湯器

日常的に使っているものに関して、壊れる状況は想定していないことがほとんどでしょう。浴室でお湯が出るのも当然と感じますが、水のトラブルと無縁ではありません。お湯の供給方法もいろいろとありますが、給湯器に問題があれば修理を考えなければ、正常に使うことができなくなります。

■電気やガスを使う給湯器

水のトラブルとして、複雑で素人では対応できない場合も多いのが給湯器です。水を供給するだけではなく、温めて送り出す特徴が修理を難しくしています。屋外に設置されるパターンが多く、本体に異常が起きていても、お湯が出なくなるまで気がつかない場合も珍しくありません。
給湯器を見てみると、異臭がしたり、周りに水が流れていたりする場合もあります。どうしても発見が遅れるうえ、電気やガスを使うため、感電や不完全燃焼といった問題も抱えているのが特徴です。

■いずれ交換も考える

浴室でも給湯器を使い続けるためには、いずれ給湯器 交換が必要となることを理解しておかなければいけません。細かな部品も使われており、構造も複雑なため、修理が難しい設備です。修理をしたとしても、経年劣化は各所で進みます。修理ができなくなるような状況も生まれる可能性があります。
設置から7年を過ぎたあたりから、水のトラブルが目立つようになり、修理の回数が増えていきます。10年も経つと、多くの場所で経年劣化が進むと考えられています。部品の生産も終わり、修理もできなくなるため、設置から10年前後で交換を視野に入れておけば、いきなりの費用負担に見舞われるリスクも減らせます。

■まとめ
給湯器は、メンテナンスが必要です。目立たない場所に設置するからこそ、こまめにチェックすることでトラブルを早期発見できます。わずかな変化も定期的に見ていると気付くことができますので、見逃さないことが水のトラブルの対処として大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ